G-Bowlアプリで最初に練習する事

 G-Bowlアプリも開発スタートから8年経ってますので機能は増える一方なのですが、おかげで「何から練習したらいいのか分からない」という方もいらっしゃるかと思います。

 そんな皆さんにG-Bowlアプリで最初にやって欲しいトレーニング方法を紹介します。今まで漫然と運転してきて「公道走るのに今更練習なんか必要ない」と思ってる方、意外にお子さん酔い易いのは体質のせいじゃなくて貴方の運転のせいかもしれませんよ・・・

まずこの写真を見て下さい



 これが本物のG-Bowlです。お皿状の物体の上にボールが乗っています。このお皿からボールがこぼれて落ちないように運転するというトレーニングツールです(エ? こんなに浅くて大丈夫?)。

 某マンガの「コップの水をこぼさない運転」が思い浮かびますが何も峠を飛ばせと言っているのではありません。ゆっくりで構いません、日常の運転で目的地に行って家に帰るまでボールが落ちなければ合格です。

 え? ゆっくりでいいの? それなら出来そう・・・ハイ、ぜひぜひやってみてください。最初の交差点を曲がったらボールが消えてた・・・なんて話も聞きます(ヒドイと発進したらボールが飛んでいった・・・という人も!) 。

 ちなみにGで言うと0.4Gを越えるとボールがお皿からこぼれます。だいたい街乗りのブレーキは0.2G位で、0.3Gだとチョット強い、0.4Gは同乗者に文句を言われる位の感じです。気をつけてればできるはず・・・ですが、さてw

アプリでやってみましょう

 アプリでこの練習をするにはSettingsボタンを押して設定メニューを開き、G上限オーバー警告音をオン、G上限を0.4Gにセットします。



 これで本物G-Bowlと同じく0.4Gを越えるとボールが落ちる代わりに「カーン!」と警告音が鳴って知らせます(iPhoneの音量設定はお忘れなく)。この警告音を鳴らさないように運転します。

 アプリでは何回Gオーバーしたか記録しています。また「どこでGオーバーが発生したか?」家に帰ってから走行ログの地図とGグラフを見て振り返る事も出来ます(下図)。

※画像:しっかり速度を落とさずに左折した為、旋回Gが0.4Gを越えてしまった。


 ゲーム感覚で良いのでとにかく一度もボールを落とさない事を目標に練習してください。0.4Gで自信がついたら0.3Gでもやってみてください。

 滅多なことでは落とさないぞと自信がついた頃には運転が変わっています(ボールは忖度してくれませんから、嫌でも変わりますw)。何が変わるか細かい話は省略しますが、ユーザーさんからは「家族(子供)から褒められた」という報告をよく頂きます。

 自分で運転のクセを直すのは難しいですしかと言って他人や家族から言われたら喧嘩になります😁 一度付いたクセは一生そのままという方が大半でしょう。自分に変なクセが無いか? 確かめて、修正できたらなら、それだけで元が取れると思うんですよ。

 ですので、G-Bowlアプリでサーキット走行の分析とか難しい事は別にしなくてもいいんです。ボールを落とさない運転、それだけやってもらえれば運転が変わります。ぜひトライしてみてください。